わきがを自分で治す方法

そもそも、わきがは体質であって病気ではありません。特定の汗腺から出る汗と菌が結びついて起こる臭いなので、その汗腺を手術で潰す等の治療を施さない限り、個人の力では改善することが限界なのだそうです。
ただ、皮脂腺から分泌される脂肪分は細菌を増殖させると聞いて以降、こまめにわきの汗を拭い、その度に、汗の分泌を抑える制汗剤等を使用するようにしています。夏場は冷たいタオルをわきに押し当て、毛穴や汗腺を引き締めたりもします。
また、汗腺を太くしたり、皮脂腺の働きを活性化させたり、あるいは多汗の原因になる食品も、意識して控えるようにしています。たんぱく質を摂らないのは健康上あまり良くないと思っているので、肉を控え、豆腐を多く食べることで、動物性脂肪の摂取を抑えるようにしています。皮脂腺から分泌される油脂を抑えることで、臭いも抑制できるそうです。
菌の発生を抑止するために、お風呂ではわきを重点的に洗っています。わき毛もまめに処理をし、菌を増殖する原因をできる限り排除し、清潔に保つようにしています。わき汗を吸収するパッドも使用し、こちらもまめに交換しています。肌着も汗の吸収率が高いものや、デオドラント効果のあるものを購入しています。